asoneは、草加市・越谷市・春日部市・川口市・八潮市・三郷市・吉川市・松伏町・さいたま市・足立区を中心に、犬の出張レッスン(しつけ・トレーニング)、犬の保育園(預かりトレーニング・ホテル・デイ預かり)のサービスをご提供しております。 出張および預かりドッグトレーニング(散歩中の引っ張り・トイレのしつけ・吠えや噛む行動・子犬との接し方等)や犬のホテル・デイ預かりのご利用等、お気軽にお問合せください。

アズワンとは

  • HOME »
  • アズワンとは

『ドッグトレーニング アズワン』のウェブサイトにお越しいただきありがとうございます

ご挨拶

asone_a_001人と犬が生活を共にするようになったのは、今から一万年以上も昔のことと言われています。
長い時間をかけて、人と犬はそれぞれ自らの遺伝子に『共に仲良く暮らす』という情報を組み込んできました。
だからこそ、人と犬は同じ言語を持たずとも理解し合うことができるのです。
でも、実際に犬を迎えて一緒に生活を始めてみると、犬の思わぬ行動に戸惑う事も少なくありません。
甘噛み、飛び付き、家具へのいたずら等々、月齢の若い仔犬たちは好奇心の趣くままに、先祖から代々引き継いできた才能の片鱗を垣間見せるようになっていきます。
そして、仔犬の頃にはおとなしかったはずの犬が、月齢を重ねると共に強くなる警戒心から、散歩中に鉢合わせた猫に飛びかかるようになったり、家の外の物に音吠えようになったり、ブラシを嫌がって歯を剥いたりするようになることもあります。
人間の立場から見たこれらの犬の行動は大きな問題となりますが、犬にとってのそれは生まれ持ったごく普通の行動です。
人の目線からは勝手気ままに振舞っているように見える犬の行動にも、その行動を起こす犬なりの譲れない理由が必ず存在するのです。

犬を迎える前に思い描いていた理想の生活と現実との落差に愕然として、その犬とどう接したら良いのか、その犬はどうしたらいたずらをやめてくれるのか、真剣に悩み、調べて考え、しつけをしている飼い主さんもたくさんいらっしゃると思います。
『本やインターネットに載っている方法でフセを教えてみたけれど、犬が手順どおりに動いてくれない』
『犬を飼った経験はあるけれど、新しく飼い始めた犬は以前に飼っていた犬と違って咬もうとするから触ることもできない』

このサイトを見てくださっている犬の飼い主さんの中には、次から次へと起きる愛犬の問題行動に毎日振り回されて、身も心も疲れ果てて暗い気持ちになってしまっているという方もいらっしゃるかもしれません。
犬を飼い始めたときに自分自身でその経験をしているので、犬との接し方に頭を悩ませている飼い主さんの気持ちは痛いほど理解できます。
そして、その時に悩みぬいて考えてたどり着いたのは、「ドッグトレーナーの力を借りて、犬との正しい接し方を学ぼう」という結論でした。

asone_a_002犬の行動をトレーニングによって変えていくためには、その行動が何を起因としているのかを明らかにする必要があります。
愛犬の問題行動を引き出して定着させてしまっている原因は、実は飼い主さんの動作や言葉という可能性も考えられるのです。
そして、犬という生き物の特性を知ることも大切なことです。
犬種の特性、個体の性格をしっかり把握して、その犬に合ったプランを作成してトレーニングを進めることが、犬と快適な毎日を過ごすための重要なステップとなります。
本やインターネットに載っているトレーニング方法が間違いということではありませんが、犬種も性格も違うすべての犬を同じ手法でトレーニングすることは不可能です。
すべては『犬を知ること』から始まります。

アズワンでは、飼い主さんと愛犬が一緒に安全に楽しめる方法でトレーニングを行っていきます。
厳しい方法を使わなくとも、犬の行動を変えられることを多くの飼い主さんに知っていただきたいのです。
犬にやらせるしつけではなく、飼い主さんと愛犬が心を一つにしてひとつの事を成し遂げるためのトレーニングを通じて、飼い主さんと犬の『幸せな生活のための絆作り』をお手伝いさせていただきます。
そして、日本ではまだまだ定着していないドッグトレーナーの仕事、ドッグトレーニングの重要性をたくさんの飼い主さんに広め、知ってもらうこともアズワンの大切な役割と考えています。

ドッグトレーニングというものは、対価を支払っても目に見える形に残るものではありません。
でも、心の通じ合った愛犬と過ごす毎日は、何物にも変えがたい大切な財産となります。
もし、愛犬とのコミュニケーションに少しでもお悩みがあるのなら、一日も早く愛犬と一緒にトレーニングを開始することをお奨めします!

2015年1月28日

トレーナー

高木 順一 (たかぎ じゅんいち)

asone_a_004_JT◇PDTA認定ドッグトレーナー
◇日本ペットシッター協会公認ペットシッター士
◇彩の国動物愛護推進員

2005年11月、予てから夢見ていたミニチュア・シュナウザーとの生活を始めましたが、シュナウザー特有の『咬む』、『飛び掛る』、『吠えまくる』といった行動に振り回され、自力でしつけを行うことを断念…迎えたミニシュナが生後三ヶ月を迎えてからの18ヶ月間、毎週日曜日に草加から大田区のパピークラスに通い、愛犬の問題行動を一つずつ解決していきました。
その経験から犬のトレーニングに目覚め、自らドッグトレーナーになることを決意、念願だったドッグトレーナーとなりました。
現在は、ドッグトレーニングと犬に関する勉強の毎日を過ごしています。
何よりも犬が大好きですが、音楽を聴くこととギターを弾くことも大好きです。
プライベートブログに投稿している記事の影響か、シュナウザーやテリア系犬種の飼い主様からトレーニングのご依頼を頂くことが多いのですが、もちろんシュナ、テリア以外の犬種のトレーニングも承っております。
また、Team Schnauzer Rescue(チーム・シュナウザー・レスキュー)というシュナウザーのブリードレスキューチームで、シュナウザーの保護活動も行っています。
プライベートのブログはこちら

エマ (Emma)

ドッグトレーニング アズワン(Dog Training asone) 埼玉県草加市周辺・東京都足立区周辺の犬のしつけ(出張トレーニング)・ペットシッター(犬の散歩代行等) ~飼い主さんと愛犬の『絆作り』をお手伝いさせていただきます~◇群馬生まれのミニチュア・シュナウザー(♀)
◇デモンストレーション担当

2005年生まれのミニシュナです。
生後二ヶ月の時に飼い主宅に迎えられたのですが、おとなしかったのは初日だけ、二日目から強烈な咬み付きを発動させました。
その行動によって飼い主にしつけ教室に通わせる決心をさせ、三ヶ月~一歳九ヶ月まで都内のパピークラス~ジュニアクラスで飼い主と共に学びました。
クラスで地道なトレーニングを積み重ね、その成果によって咬み犬を無事卒業、現在に至ります。
そんな彼女の年齢も既にシニアの域に達していますが、まだまだ元気に現役続行中です。
稀にトレーニングに同行し、(おやつ目当てで)現場にてデモのお手伝いをしてくれるアズワンの隠れキャラです。
エマのブログはこちら

 

第一種動物取扱業者標識

事業所の名称 ドッグトレーニング アズワン
事業所の所在地 埼玉県草加市氷川町2179-33
動物取扱責任者 高木 順一
第一種動物取扱業種別(保管)・登録番号 第 75-0202号
第一種動物取扱業種別(訓練)・登録番号 第 75-0203号
登録の年月日 平成29年3月1日
有効期間の末日 平成34年2月28日
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © ドッグトレーニング アズワン (asone) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.