犬が爪を損傷することは、決して珍しいことではありません。
でも、元気に遊んで元気に食べて、散歩と睡眠も変わりなくいつもどおり…と、犬の行動に目に見える変化がないと、その怪我を長い期間放置してしまう可能性があります。

こんにちは。アズワンの高木です。

アズワンのデモ犬『エマ』は、前足の先をよく舐めます。
散歩後の足の洗い方が甘かったり、足先に軽い炎症を起こしたりしたときなどに、足先を舐め続けます。
そんなこともあって、エマの足先チェックは日々怠らないように気をつけています。
気をつけてはいるのですが、つい先日、7月上旬からまたエマの足舐め行動が始まりました。
左前足の先を執拗に舐め続けているので、「うーん…これはまたいつもの炎症かな」なんて考えながらエマの足を確認してみたら、こんなことになっていました。

ドッグトレーニング アズワン(Dog Training asone) 埼玉県草加市周辺・東京都足立区周辺の犬のしつけ(出張トレーニング)・しつけ教室(グループレッスン)・ペットシッター(犬の散歩代行等) ~飼い主さんと愛犬の『絆作り』をお手伝いさせていただきます~ ※ミニチュア・シュナウザー

画像を拡大して見ていただくとよくわかると思うのですが、エマの前足の爪の一本がスーッと縦に割れていたのです。
いつもの炎症のときとは違って、足先を触ろうとしたときにかなり嫌がって隠そうとしていたのでおかしいと思ったら…
この爪の怪我を見つけたとき、いつものことと放置しないで早めにしっかりと確認しておいて良かった…心からそう思いました。

小さな怪我やちょっとした腫れでも、放置しておけば症状の悪化や大きな病気に繋がる可能性があります。
愛犬の体に起きている小さな異変を見落とさないようにするためにも、日々の健康チェックは欠かせません。
愛犬の体に気になる症状を見つけたら、すぐに獣医さんの診察を受けてください。
早期発見と早期治療、これが一番です!

ドッグトレーニング アズワン(Dog Training asone) 埼玉県草加市周辺・東京都足立区周辺の犬のしつけ(出張トレーニング)・しつけ教室(グループレッスン)・ペットシッター(犬の散歩代行等) ~飼い主さんと愛犬の『絆作り』をお手伝いさせていただきます~ ※ミニチュア・シュナウザー

必死に前足を隠しながら舐めていたエマですが、爪の損傷発覚後、すぐにかかりつけの動物病院へ直行して治療を受けました。
幸いなことに爪を切り落とす必要もなく、注射と抗生物質(パセトシン)の服用だけで傷は回復するとの事でした。
足舐め防止のオレンジソックスを履かされて、本人はえらく不機嫌です。
愛犬に嫌われることは辛いことですが、飼い主としては愛犬の傷の回復を最優先に考えなければなりません。
傷が治れば、嫌われた時間は簡単に取り戻すことができるのですから。

※追記
この話には後日談があります。
よろしければこちらから続きをお読みください。

asone : j.takagi

犬のトレーニングに興味がある方、愛犬の行動にお悩みの飼い主さん、お気軽に『ドッグトレーニング アズワン』にご相談ください。
愛犬と楽しみながらトレーニングしてみませんか?
お問い合わせは、こちらのページからお願いいたします。

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
【にほんブログ村】
 ランキングに参加しております。
 よろしければバナーをポチっとクリックお願い致します。